99ブルース

なんとなく記憶を辿りながら調べてみたら、1986年の7月に衆議院選挙があった。僕は66年の2月生まれだから、確かこの時には投票に行ったと思う。近所の区立の体育館。ぼんやりとしか、憶えてないけど。
時代は中曽根内閣の時代。“我が国は浮沈空母である”なんて、トップが発言した政党が大勝した年。

当時、白浜久が加入したARBは、「朝(あした)のかげりの中で」で“愚かなゲームの続きが始まる”と歌っていた。
佐野元春は「99ブルース」で、こんなふうに歌っている。
得意げな顔した
この街のリーダー
シナリオのチェックに忙しい
ユーモアもない
真実もない
フェイクしたスマイルはとても淋しい

99Blues/佐野元春





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック