嵐の中でも暖かい

ビートルズのラスト・アルバム『Abbey Road』。ジョン・レノンの「Come Together」で始まってポール・マッカトニーの「The End」で終わる、ビートルズ渾身の一枚。
このアルバムを味わい深くしているのは、やっぱりジョージ・ハリスンの一世一代の名曲2曲「Something」「Here Comes The Sun」だと、個人的には思う。

この際だから書いてしまうと、個人的に(特に最近)一番好きなのは、リンゴ・スターの「Octopus's Garden」。
リンゴが作った数少ない曲の1曲。緊張感溢れる『Abbey Road』の中で、リンゴのすっとぼけたボーカルを聴くと、なんだかすごく、ホっとする。さらにいいのが、ジョージのコーラスとギター。優しくて暖かい。

リンゴとジョージ、『Let It Be』の寒々としたセッションの中で、身を寄せ合いながら「Octopus's Garden」を仕上げていったらしいです。
音楽って、優しくて暖かいものなんだよね、リンゴの歌は、そんなふうに歌ってるように聴こえてくるんです。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック