水上バスに乗って

今日は水上バスに乗って、ゆらり旅。お台場とかあっちの方は人気があるだろうから、僕達が乗ったのはもっと上流の、ガイドブックには載ってないような、地味なライン。
でも見慣れた場所を水上バスから眺めるのはすごく面白かった。あれに乗ってると、みんなが手を振ってくれるのも、なんだか嬉しい(笑)。
途中雨が降ってきたりもしたけど、両国に着く頃には青空。デッキに出たら気持ち良かった。

佐野元春の曲に「水上バスに乗って」という曲がある。バックはバックはプレイグス。深沼元昭が、最高のロックンロール・ギターを弾いている。
僕はこの曲の“完璧な世界なんて何処にもないのさ”という歌詞が好きだ。
完璧な人間なんて息苦しい。完璧な人間なんて傲慢である。あんまりそんなものは目指せない方がいい。だから人生は、ゆらりゆらりと、のんびり進んだ方がいいのだ。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック