ありったけの痛み

佐野元春の『The Circle』は、93年のアルバム。冬の匂いがする。
「彼女の隣人」の“ありったけのPain”という言葉。
ありったけの痛みを、君と抱きしめていこう。そんな決意が、静かに歌われている。だからアルバム全体のトーンは内向的ではあるけれど、とても優しい。

ジョージー・フェイムのオルガンも味わい深い「君を連れてゆく」がとても優しい曲なのは、だからきっと、ありったけの痛みを、君と抱きしめていこう、という決意があるからなのだと思う。

風の温もりに逆らってもいい。ありったけの痛みを、君と抱きしめていくんだ。例えばそんなロックンロール。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック