50過ぎてもパンク

ソニック・ユースの『The Eternal』。長年在籍したメジャーのゲフィンから離れて、インディーズ(マタドール)からのリリース。
ここ数年のゲフィンとの関係は最悪だったらしい。“できた当初はもっと芸術性を重んじる会社だったのに、変わってしまった”と、サーストン・ムーアがインタビューで答えていた。
なんとなく、わかる気がする。バンドも年をとるし、経済状況も余裕がない。「GOO」からでも、もう19年。それでなくても時代は変わる。

毎日同じ事を繰り返していたら、感性が鈍ってしまう。時代から取り残されてしまう。いつも変わらないように見えるソニック・ユースだけど、本能的にわかっている人達なのだろう。50過ぎても普通にパンク。そこがカッコいいと思う。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック