羊をめぐる冒険

村上春樹の「風の歌を聴け」の主人公はその後、「1973年のピンボール」と「羊をめぐる冒険」にも登場する事になって、初期三部作と呼ばれている。
その後発表された「ダンス・ダンス・ダンス」にも同じ主人公が登場するけれど、いろいろな理由から三部作とは別個の物語と扱われる場合が多い。私もそう思う。

「羊をめぐる冒険」を読んだ時は、前2作とは違う摩訶不思議な展開に、少々面食らったのを憶えている。タイトル通り冒険小説的であり、怪奇小説的でもあり、ハードボイルドミステリー的でもある。
上下巻を読了した時は、茫然自失のような状態になってしまった。小説の世界から現実の世界への戻り方がわからなくなってしまったような、不思議な感覚になったのを憶えている。そしてその物語は、ずっしりと心に残った。

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)
講談社
村上 春樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック