受け取らないと言われても

私の理解している範囲で、アベノミクスの現状を書いてみる。

とにもかくにも金融緩和。日銀が民間銀行の国債をガンガン買い取って市場に流通するお金を増やす。買い取る国債は無尽蔵に存在する訳ではないからどこかで止めなければいけないのだけど今更止められない。とにかくこれだけ金融緩和が続けば限界が見えてくる。株価を下げないために目をつけたのが年金。いわゆるGPIF。年金資金が国内株式に投入されている。

現状を少しでも直視すれば、そう遠くない将来に、乱発している国債の価値が下がって株価が暴落するのが確実なのは誰でもわかると思う。もちろん投入された年金は消えてしまう。

年金をあてにするなという金融庁の報告書はだから、とても正しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック