冬の朝に

ジョー・ストラマーがメスカレロス名義で出した最初のアルバム『Rock Art and the X-Ray Style』。この時期になると聴く機会が増えるせいか、なんとなく冬の音楽の印象がある。好きなのは後半の「Nitcomb」から「Diggin' the New」への流れ。アナログ盤があればB面の1曲目と2曲目になるんだろうな。

朝、「Nitcomb」を聴きながらバスの窓から外を見ると、なんだかスローモーションの景色を見ているような気持ちになる。なんとなく慌ただしい12月の日常から不思議なエアポケットの世界に入ったような。
ニットコームってドラッグみたいに歌われてるけど、よくわかんない。それでいいんだ。うまくいくさ。そんな言葉だけが心に残る。

冬の朝は、ゆっくりと時間が流れるような気がする。よく晴れた日も。どんよりと曇った日も。いつも心にストラマキャスター。

この記事へのコメント