イエスタデイ

遅ればせながらダニー・ボイル監督の「イエスタデイ」を鑑賞。本当は早稲田松竹とかギンレイホールあたりで観るつもりだったのだけど断念。DVDで鑑賞。でもやっぱり面白かった。

もし突然、自分以外の人間がビートルズを知らない世界になったら……。そんなアイデアで作られた英国映画にはビートルズ愛が溢れていて、ビートルズ好きにはたまらない。英国音楽好きならニヤッとする。エド・シーランが本人役で出てきて、しかも結構重要な役どころ。

ロッキングオンには、恋愛ストーリー的にはちょっと……、みたいなレビューもあったけど個人的には主人公の不器用さは好きだなあ。なんかそうなっちゃうのわかるわかる的に共感してしまうのは私の恋愛偏差値の低さの現れかもしれない。まあその辺は不器用な英国職人監督のダニー・ボイルの渋さという気もする。

最後に映画の内容には関係なく、ほとんど絶滅の危機にあった東京都内の名画座。大切な東京の文化なので、コロナ禍をなんとか生き残れるような行政の支援をお願いしたいと思います。

Ebq_sPzU8AAGwMu.jpg

"イエスタデイ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント