テーマ:サマーソニック

クールな知性

16日のサマーソニック(東京)、午後のメッセのソニックステージにはいい流れが出来ていたように思う。 スカイ・フェレイラはチェックするのを忘れていて見逃してしまった。それに気付いたのはトムヤンクン食べて一眠りした後。 面白かったのはジャマイカからトェンティ・ワン・パイロッツ、そしてチボ・マットへの流れ。敢えて名付ければ一風変わった二人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界にピースを

フェスの楽しみのひとつが、全然知らなかったバンドの、予想外の素晴らしいパフォーマンスに出会える事だと思う。16日のサマーソニック(東京)のトゥエンティ・ワン・パイロッツがそうだった。最高の50分間。個人的に、この日のベスト・パフォーマンス賞はこの人たち。 ステージが始まって現れたのは覆面を被った二人組。一人がドラムを叩いて一人が怪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

くもり時々晴れ一時雨

フジロックは、土曜日1日だけで皮がボロボロになるぐらい焼けてしまった。今年は紫外線が強いのかもしれない。 そういう訳でサマーソニックも土曜日1日だけの参加なのだけど、日焼け止めを塗って出かけた。そういえば日焼け止め塗るのなんて20年ぶりぐらい。 そんな感じで正午のビーチステージ。待ってましたのダイノジ登場。お客さん昼間っからすご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり夏フェス

そんな感じでサマーソニックの続き。 メッセからマリンまでの移動にはシャトルバスと、徒歩だとシャトルバス乗り場の方からメッセを左回りのコースと、マウンテン寄りの出口からシーサイドヴィレッジ方面に右回りのコースがある。 個人的にはシーサイドヴィレッジ方面に右回りのコースがお勧め。特にマウンテンからRブロックの移動は逆回りのコースより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幕張も猛暑

8月10日、幕張でサマーソニック。 各地で記録的猛暑となった今週末。それもジリジリと照りつけるような暑さとは別の、サウナの中で熱風が吹いてるみたいな暑さ。幕張もやっぱり暑かった。 まずはマウンテンでフィドラー。かなりパンキッシュな演奏。サンボマスターのように這いつくばって身をよじってギターを弾く。いい演奏だった。ヘンテコな日本語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チバイチパーン

今年のサマーソニック(東京の土曜日)は、幕張の駅に着いた時点で雷が鳴って、どしゃ降りの雨。フジで殆ど使用しなかった雨具を持っていって良かった。今年はそんな感じ。 移動を控えめに抑えたのであまりバンドは観れなかったけれど、印象に残ったのはグループラヴのメンバーのルックスの統一感の無さと、マリンに映えたポップ感。ヴァクシーンズを観てた時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パラダイスへようこそ

素晴らしかった2004年のステージから8年経って、やっとグリーンデイがサマーソニックに帰ってきた。個人的にはそれだけで嬉しかった今年のサマソニ。 オープニングは「Welcome to Paradise」。ちょっと意外だったけど嬉しい選曲。パラダイスへようこそ。 「Know Your Enemy」からはもう、グリーンデイの世界にみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンスダンスダンス

星野博美さんのエッセイ集「銭湯の女神」には、星野さん自身が訳したスペシャルズの「Doesn't Make It Alright」の訳詩が載っている。 君が何者でもないからって 君がダメってことにはならない 理由があるからといって 理解されたことにはならない そんなの全然ダメだよ そんなの世界中で一番悪い言い訳だ 君が黒人だからって 君が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛と平和と調和

“ニヒリストを気取りつつも、その隙間から、ありあまる情熱がボロボロと零れ落ちてしまう”そんなふうにエルヴィス・コステロを評していたのは田中宗一郎氏。僕もそう思う。 サマーソニックに登場したエルヴィス・コステロ。渋いアルバムを発売して、渋いバンドでの登場だけど、そこは夏フェス。 軽やかに現れたコステロは、お腹のあたり、ずいぶんスリムにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこまでも高く

サマーソニックに行く時は、いつも、有楽町線で新木場まで行く。乗り換えポイント。ずっと地下を走って来た電車が、新木場の駅近くて地上に出ると、青空が見えてきて、ああサマソニだなあ、と思う。 今年、僕の行った土曜日は、朝から曇り空だったけど、それでも、少しずつ、青空。 ちょっとゆっくり行ったので、幕張に着いた頃には、早い時間のバンドの演奏が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝手に来やがれ

セックス・ピストルズ解散後、ジョニー・ロットンはジョン・ライドンとなってパブリック・イメージ・リミテッド(PIL)を結成する。 “ロックは死んだ”と発言した彼の音楽には、オルタナティヴという名前が付けられた。伝説のパンクス。孤高のカリスマ。 そんな彼の名声が(たぶん)地に落ちたのは、PILの初来日。なんと「アナーキー・イン・ザ・UK」を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わかってたまるか

プリテンダーズの「Back On The Chain Gang」のサビの部分に出てくる“ウッ!ハッ!”という印象的なコーラス・ワークがある。 確か当時のラジオで、このコーラス・パターンは、ロックンロールの伝統的なパターンだという話を聞いた記憶があるのだけど。 セックス・ピストルズの「Holidays In The Sun」のコーラスも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

享楽都市の夏

いやー暑いですね。暑さに負けず、サマソニの続きです(笑)。 そんな感じでポリフォニック・スプリー。この人たちは、とにかく数が多い。何人いるのか、数えようと思ったけど、途中で止めました(笑)。軽く20人以上。 予想通り、いい演奏。みんなニコニコ。前回のサマソニの時は、勢いで、会場で売られてた白いローブを買っちゃった人もいたそうです(笑)…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

今年の夏はすいません

サマーソニック東京二日目。待ち合わせの池袋駅に15分も遅刻してきたのは僕です。Kさんすいません。 気をとりなおして、幕張に向かおうとして、ぎゃー! チケット忘れた! のに気付いたのも僕です。たびたびKさんすいません。なんか、地に足が付いてない感じの今年の夏。 そんな訳で、マリントップのエナミーを見逃してしまったのは僕です。すいません。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ウィークエンドのまぼろし

今日はサマーソニック。諸事情により到着するのがちょっと遅れてしまったけど(笑)、どーだー、って感じの青い空。参りましたー、って感じの暑さ。でもTシャツと短パンとタオル一枚で音楽の聴ける一日が、僕は好きです。 なんとなく、帰りの電車の中で頭で鳴り出した曲。 うっすらとオレンジ広がる山際 カラスは帰るよママの胸 手をつないで 恋人たち 幸…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ここではないどこか

最近やたらと気に入って聴いてるのが、ジ・エネミーの「Away From Here」とザ・トゥワングの「Wide Awake」。今年のサマーソニック東京二日目のマリン・スタジアムはこの2バンドがワンツートップ。さすがです。 サマソニ東京二日目となれば、気になるのは黒い戦闘服にモード・チェンジのポリフォニック・スプリー。あのバンド、何人いる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

過ぎ行く夏の風物詩

サマーソニックは、いわゆる都市型フェスなので、電車を使う人が多い。当然の事、終演後の駅はゴッタがえすのだけど…。フェスで興奮した汗臭いヤツらが大挙して駅に押し寄せるんです。 地元のオジさんやオバさんが、そんな汗臭いヤツらを、目を丸くして見ていたりするのは、なんだかオカしい。ディズニーランド帰りのファミリーなんかも、やっぱり目を丸くしてい…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ポールの奥さん

今年のサマソニ。東京の一日目しか行ってないんだけど、印象に残ったバンドをいくつか。 一発目だったジョニーボーイ。打込みのショボいバンドだったらどうしようと思ってたんだけど、サポートのドラムとベースを入れて、しっかりした演奏。シンプルだけど、ボーカルのローリーの声が良く通っていて、良かった。 「15 Minutes」はクラッシュっぽい演…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

頑張ってシマウマ

今年のサマーソニック。東京の一日目。懸念された通り、雨降っちゃいました。結構スゴい雨だったなあ。雷なんかなっちゃってさ。まあこれも夏フェスの醍醐味ということで。 一番雨のヒドい時にスタジアムで演奏していたゼブラヘッドが、ほとんどヤケクソ気味に頑張ってましたね。なんとなくヘビーロック勢にはさまれちゃってたゼブラヘッド。何故か放送禁止用語、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってきましたサマソニ05(その8 また来年)

機材トラブルのため約40分遅れでついにOASIS登場。始まっちゃえばそこは天下のOASIS。ヘーイ、ライラにリブフォエ〜バ〜の大合唱。改めて思ったけどリアムってやっぱりへんなやつ。お兄ちゃん頑張ってたよね。あっという間にマイジェネレーションで花火!花火!のフィナーレ。正直去年のグリーンデイと比べちゃうとちょっと物足りなかった気もするけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってきましたサマソニ05(その7 ゴミの分別忘れずに)

WEEZERからOASISへ その時マリンスタジアムは… 時刻は17:00ちょっと過ぎ。重い足を引きずってマリンスタジアムへ…。でも風が涼しくなってきて気持ちいい。マリンに風が吹く。この風、気持ちいいんだよね。一年ぶり。ちょとビーチステージで一服していーすか。シードジャパンのブースでリユースカップを借りてビール。おいしそうな煙をたててた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってきましたサマソニ05(その6 いつまで続くの)

そろそろ足にきた 大丈夫か? ここは男らしく炎天下のマリンへ。そろそろ長蛇の列のシャトルバスなので、歩いちゃおうかと思ったけどちょっとセーブ。おとなしく列に並ぶ。マリンではオーディナリーボーイズがもう始まってる。気合いを入れて炎天下のアリーナ前列へ。もう暑くてわけがわかりません。でも最高に気持ちいいよ〜。ボーカルのプレストンも顔を真っ赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってきましたサマソニ05(その5)

そろそろエンジン全開 LITTLE BARRIE FREEOTEでいい感じにあったまってきて(というかずっと暑いけどさ)次に目指すはソニックステージ。LITTLE BARRIEであります。個人的に好みの渋い音。スリーピースのUKバンド。アイランドよりぐっと広くなって、フェスモード突入。ドラムのお兄さんがファンキー。なんだかつのだ☆ひろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってきましたサマソニ05(その4)

FREENOTE 僕の心を鷲掴み ちなみに僕はけっこう方向音痴です。ドン・キホーテなんかに入ったらもう出口わかんない状態。だからどこなんだアイランドステージ!しかし案内図たよりになんとか無事到着。時計をみるとFREENOTE開始5分前。ライブって、たいていの場合、開始時間は押すのがお約束ではありますが、こと夏フェスに限っては、みんな時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってきましたサマソニ05(その3)

その3 ゆるゆるのビーチステージへ 去年は行けなかったビーチステージ。マリンから案内の矢印にそって進んでいくと目の前に海がどーんと現れる。いーじゃんいーじゃんこれ。まだ演奏は始まってないけど、最高にゆるゆるな感じ。本当はここで少しまったりするつもりだったんだけど、Tシャツゲットに時間をとられてしまったので、アイランドのフリーノートの開始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってきましたサマソニ05(その2)

その2 オフィシャルTをゲット 何故に欲しがるオフィシャルT。でも楽しい思い出の記念になるし。炎天下の1時間待ちも楽しい思い出。しかしもうすぐ40のおっさんが一人で並んでもいいのか。しかも軽く1時間。葛藤しながらあっちへうろうろこっちへうろうろ。気がついたらマリンのグッズ売り場へ並んでました。前に並んでた少年3人組の会話が可愛かった。何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってきましたサマソニ05

やってきましたサマーソニック05。去年のグリーンデイの感動の花火から一年。悩みに悩んで14日のみの一人一日参戦。今年はオアシスにウイーザーにカサビアンにアジカンにオーディナリー。ラーズにティーンエイジにブロックパーティー。カエラちゃんにパフィーにフリーノート。ああもうおじさんどうしましょう。心配された天気も、どピーカンのマリンスタジアム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more