テーマ:フジロック

日陰を求めて

7月26日、フジロックの3日目。 傾斜のある場所のテントにも慣れてきた。そんな3日目。8時過ぎまで寝てしまった。場外ショップエリアで温かいカフェラテ。 朝はとりあえずヘブンまで歩くのが定番になってしまった。ここでジム・オルーク。バンドは前野健太のバンドの時とほぼ同じメンバー。ジムの日本語MCはどこまで冗談なのかわからないのが可笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジの夜は更けて

そういう訳で7月25日、フジロック2日目。 前日からのテント泊なので割とのんびりと開場を回る。暑くなりそう。 のんびりしてたらあっという間にグリーンの上原ひろみが始まってしまった。午後2時のグリーンステージは、前の方で観ると日陰になって風も通って結構涼しかった。 バンドの演奏は完璧。圧倒的なステージ。 上原ひろみが終わったあたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松村さん熱唱の夜

そんな感じでフジロック1日目の続き。 ヘブンのキティ・デイジー&ルイス。サポート二人を加えた5人編成で、とにかく3兄弟が担当楽器をコロコロ変える。そのせいか演奏が不安定でちょっと残念だった。ある程度担当楽器は固定した方がいいんじゃないかな。 ハナレグミと迷ったけど、グリーンに移動してモーターヘッドを少し。バリバリにゴリゴリだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和がいいぜ

そういう訳で7月24日の金曜日、フジロック1日目。 朝の6時過ぎに家を出て、新幹線で越後湯沢。駅からシャトルバスで10時前に開場着。結局これが一番早くて安くて楽な気がする。 バスに乗る時は結構な雨だったけど、開場に着いたらやんでいた。そしてなんと、今年はそれから3日間、全く雨が降らなかったのです。 いーですかみなさん。私が念願の3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日焼けの跡がヒリヒリと

フジロックは今年も土曜日1日だけの参加だったのだけど、腕と首が真っ赤に日焼けしてしまって、数日前まで皮がボロボロと剥けていた。夏フェスでこんなに焼けてしまったのは初めてで、それだけ紫外線が強かったのだと思う。とにかく暑かった。 1日参加といっても日帰りと一泊だと状況は随分違ってきて、最大の違いはヘッドライナーが観れるかどうか。やっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽に祝福を

7月26日。フジロックのフィールド・オブ・ヘヴンでルミニアーズ。 フジロックではまるで、音楽の神様が祝福してくれてるみたいなステージに出会える事があるけど、この日のルミニアーズのステージもそうだったと思う。 前の時間帯に演奏していたジョナサン・ウィルソンの心地よいグルーヴも程良く残ったヘヴンに登場したルミニアーズ。日もほどよく陰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャガンディ

フジロックの良さのひとつが、出演するバンドのテイストにひとつの主張がある事だと思う。商業主義とは一線を画した、いわゆるこだわりの日高ブランド。 グリーンのトリから、苗場食堂や木馬亭みたいな小さなステージまでそれは一貫していて裏切られる事がない。純粋に音楽フェスとしてのクオリティが高いのだ。 だから移動中の小さなステージからとても素敵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苗場の雨あがる

そんな感じでフジロックの続き。 ずぶ濡れ状態で辿り着いた我がテント。なにせ今回は初めて一人で立てたテントだったのでちょっと心配だったのだけど、どしゃ降りの雨にも負けず、しっかり立っていた。 狭いテントの中は、数時間ぶりの乾いた世界。ああ乾いたタオルのある幸せ。テントって素晴らしい。狭いけど。 乾いた服に着替えている間に外の雨音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苗場に雨が降る

7月27日。土曜日のフジロック。 11時ぐらいにバスで着いて、テントを立て終わったのがお昼ぐらい。ピラミッドガーデンではオーバーグランド アコースティック アンダーグラウンドが(一人少ない編成だったけど)気持ちのいい演奏をしていた。天気もまずまず。 なんて思ってたら雷が鳴り響いて、キャンプサイトの出口あたりで雨が降ってきた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲンパツハンターイ

7月27日。土曜日のフジロック。 今年は結局3日とも雨に降られたフジロックだったけど、私の行ったこの日も雨。かなり降られて行動も制限されて、観たかったステージのいくつかを諦めた。 個人的なこの日のベスト・アクトは、ビョークを途中で切り上げてオレンジコートまで移動して観たフェルミン・ムグルサ・コントラカンチャー。もう最高だった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苗場の夜は更けて

今年のフジで初体験したのがシャワールーム。無料でちゃんとお湯が出る。朝の6時ぐらいでも1時間ほど待った。 待ってる間ヒマだったから時間を計ってみたのだけど、男の場合、一人平均で1分半ぐらい。隣の女の人の列は体感で軽くその5倍ぐらいかかりそうで、こういう時に男は楽だと思う。中に入ってから裸になって並んでシャワーの順番を待つのも、なかなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンスは機会均等

スペシャルズのビートが、当時の(ツートーンの)バンドの中で群を抜いて(剥き出しのナイフのように)硬質だったのは、彼らのビートに思想があったからだと思う。 その思想の大部分を担っていた、リーダーのジェリー・ダマーズ抜きでの再結成に疑問を持ちつつも、2009年にサマーソニックで観たスペシャルズはやっぱり最高で、細かい事は抜きに、気がついた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カムダンシング!

ノーニュークスで配信されたライブを観て、フジロックで是非観ようと思っていたのがアシッドマン。7月28日のレッドマーキー。 やたらと天気が良くて、やたらと人の多かった今年のフジで、テント形式のレッドマーキーは軽く蒸し風呂状態。観ていて汗まみれになってしまったけど、アシッドマンらしくクールに熱い、いい演奏だった。 やっと日が陰り始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山の空気はハワイアン

今年のフジロックは、土曜日の一日券でキャンプで一泊。山の空気は小学生の頃の夏休みを思い出すような、懐かしい匂いがした。 チケットが売り切れたり、ほとんど雨が降らなかったり、ちょっといつもとは違っていたような気もする今年のフジロック。 帰る時にピラミッドガーデンでハワイアンを演奏していたのはサンディー。 開放感溢れる山の空気。走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泥にまみれて

結局今年も日帰りのフジロックになってしまった。まあしょうがない。出来る範囲で出来るだけ。震災の復興支援と同じように。 そんな感じで7月31日のフジロック。越後湯沢の駅からバスに乗ってる間に、結構強い雨が降ってくる。週末の新潟方面は大雨だったけど、雨の峠は越えているのだろう、と思う。 リストバンドを交換してから駐車場でSさんに会え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君はイースタンユースを観たか

7月31日のフジロック、ホワイトステージで観たイースタンユース。 ロックフェスよりも下町の町工場が似合いそうなイースタンユースの3人だけど(笑)、 二宮友和と田森篤哉のリズム隊のブルーヴがハンパじゃなくて、まずはそれに圧倒される。 加えて雨の止んだ苗場の山にどこまでも響いていくような、吉野寿のギターと声。気持ちいいったら、ありゃしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨を見たかい?

そんな訳で、グリーンのステージで、気持ち良さそうにレディオヘッドの「High And Dry」を歌っていたのはジェイミー・カラム。ちょっとぬかるんだ通路で立ち止まって、僕も一緒に空に向かって歌ってみる。ドンリーブミーハ~イ。ああなんだか気持ちいいぞ。 マーキーで22-20sを観てから、クロマニヨンズと少し迷ったけど、やっぱりグリー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神様のいる場所

そんな訳で、やってきましたフジロック。今年はなんとか二日目の一日券を購入。そうです。初フジ。行きたい行きたいと言い続けて、なんとかここまで来たんです。 新幹線とシャトルバスを乗り継いで、リストバンドを交換したのが11時ぐらい。もうなんだか嬉しくてしょうがないので、あっちこっち歩き回って、とり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more