テーマ:日記生活

受け取らないと言われても

私の理解している範囲で、アベノミクスの現状を書いてみる。 とにもかくにも金融緩和。日銀が民間銀行の国債をガンガン買い取って市場に流通するお金を増やす。買い取る国債は無尽蔵に存在する訳ではないからどこかで止めなければいけないのだけど今更止められない。とにかくこれだけ金融緩和が続けば限界が見えてくる。株価を下げないために目をつけたのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バス通勤

通勤に使っていた電車がやたらに混むようになってきたので、バス通勤を始めた。都合よく、電車と同じルートを走るバスがある。本数は電車よりもだいぶ少なくなってしまうし、渋滞もあるけれど、息もできないぐらい混んでいた電車に比べれば全然良い環境。運が良ければ座って行ける。じゃあ音楽でも聴きながら。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざさらば

仕方がないのかもしれないけれど、10代の頃のヒーローが一人ずつ、いなくなってしまうのは、やっぱり寂しいし悲しい。 遠藤ミチロウが逝去
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肌寒いけど春から初夏に

今年のお正月休みは曜日の巡りが良くて随分休めたような気がしていたら、いつの間にかGW。10連休は無理だったけどそれでも9連休。 田舎で借りている家では畑仕事が始まる時期。今年はじっくり畑が耕せそう。東京よりは季節が1カ月ほど遅れているのでまだ桜が咲いている。 寒い場所に住んでいると、春の訪れが本当に嬉しかった。東京に住んでいると気づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志だけは高く

悩んだ末に、購入したのはmacbook proの2016年モデル。アップルストアの認定整備済製品。いろいろと迷う事も多かったここ数カ月だけど、それでも確実に、進もうとする道筋が見えてきた。macbookのキーを叩きながらそんなふうに感じている。 作家の村上春樹さんはデビュー前、仕事が終わった後の自宅のキッチンのテーブルで、デビュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日への一歩

東京での仕事に戻って1年半、結局3年半前まで働いていた職場に4月から戻る事になった。1年半お世話になった職場での仕事は昨日で終了。 いろいろと問題のある職場ではあったけど、最後は皆さん笑顔で送り出してくれた事に感謝。毎日見慣れた通勤風景や商店街も、今までのように訪れる事はなくなるのだろう。そんな事を考えてちょっと寂しくなる。不思議な喪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうやめよう

迷う事なくきっぱりと、私は東京でのオリンピック開催には反対の立場なのだけどそれは置いといてもやっぱりなんとなく、最近はいろいろと、やっぱり(東京開催は)やめておいた方がいいんじゃないのと思う事が多いなあという気がする。 たぶんいろいろな事が、私たちが普段感じている感覚よりもずっとシビアに動いている事には薄々感じているけれど、そこを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それが実力

ここ数年、例えばなかなか仕事が決まらなかったり、決まった仕事はなかなか厳しい環境だったり、何かと思うように物事が進まない感覚があった。そうするとなんとなく、物事が上手く進まないのが周囲の状況だったり、環境のせいなのだからしょうがない。無意識のうちにそんなふうに物事を捉えていたのかもしれない。 そんな事に気付いたのは、仕事が上手くいかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

押し潰される前に

1年半ほど前に東京に戻って潜り込んで働き始めたところは、働き始めるとビックリするような職場だった。経営者夫婦にはおそらく一種の発達障害のようなものがあって、ちょっとしたきっかけで怒鳴り合いの罵り合いが始まる。当然雰囲気は最悪で人の出入りは激しい。いろんな意味で長くはいられそうにない職場なので働いていてとても不安になる。というか、もう限界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末の空気

日本海側の人たちは大変そうだけど、東京地方に限ってはここ数日、とても良い天気が続いている。風はそれなりに冷たいけれど日差しはとても力強くて、時々なんだか夏の空みたいにも見える、青空。穏やかな年末の日々。 せっかくの長い休みなのだから有意義に過ごしたいものだといつも思うのだけど、なんだか難しい。最近読んだ本で書く事で人は考えをまとめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

280円の頃

今月のロッキングオンは、表紙がボンジョビ。TOTOやデフレパードの記事もある。かつてのロッキングオンならば、絶対に載らないような人たち。ちょっと複雑な気分になる。 私がロッキングオンを読むようになったのは高校1年の年の、確か7月号。1981年だと思う。キース・リチャーズが表紙だった。そんな事まで憶えているのは、それまで読んでいた例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンタさんがいればなあ

東京で働く生活に戻る時、本当に最小限の荷物しか運ばなかったので、 21インチのiMacはそのまま田舎の家に置いてある。狭いアパートにはちょっと邪魔だと思ったのと、性能的にもそろそろ買い替え時だったからだ。 まあとりあえず、iPhoneがあれば大抵の用事は済んでしまうし退職する時に頂いた(みなさんありがとう)iPadにキーボードを繋げれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そのスピードで

街を歩く人たちのスピードが遅くなってきた。そんなふうに感じるようになったのはいつ頃からだろう。 原因の一つは高齢化。東京の下町エリアに暮らしているとこの現象は顕著。この流れは確実に加速していく。 そんな感じで前を歩いている人がやたらゆっくり歩いていて、ああまたお爺さんかお婆さんだろうなあと思って良く見ると、普通に若い人だったりし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタルデバイス

最近、ベビーカーに乗ってる子供が、スマートフォンを持ってじーっとアニメの画面なんかを見てる光景を時々見かける事があって、なんとなく大丈夫なのかなあと心配になる。ベビーカーを押しているお母さんやお父さんにしてみれば、おとなしくしてくれていて楽だから持たせているのだろうけど。私が心配しているのはデジタルコンテンツが小さい子供の柔らかな情緒に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10分の8

ブルース・スプリングスティーンの「表通りに飛び出して」という曲に、月曜の朝に働き始める時にはもう、週末の事を考えている、という歌詞があったと思う。そんな事を思い出したのは田舎町で工場の派遣労働をしていた時。本当に月曜の朝に考える事は、早く一週間の仕事が終わってほしい、それだけだった。 スプリングスティーンの歌の時代は70年代だから、週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜の夜と土曜の朝

一週間の中で一番好きな時間は、まあたいていの人はそうだと思うのだけど、たぶん金曜の夕方。とにもかくにも一週間の仕事が終わって新宿のバスタから高速バスに乗る時間は、たぶん心が一番解放されるような気がする。 それで寝心地のいいベッドに帰って、のんびりと目覚める土曜の朝の時間は、一番心が安まる時間だったりする。最近は急に朝が寒くなってきて布…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ来年の事を

来年の参院選で自民党は大敗すると思う。ここ数年の選挙の度に絶望的に強力だった自公政権の組織票と絶望的に低かった投票率。良く言えば、政治に無関心でいられるだけの余裕が私たちにはまだあったのだろう。そんな余裕はもう無い事に、私たちは向き合うべきなのだと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜の夜と月曜の朝

今週末はまた台風で、日曜の夜の東京は電車も止まってしまった。今のところ雨風はそれほどでもないけれど、昨日までの秋の冷たい風ではなくて、暖かく湿った強い風が吹いている。明日の朝は電車動いてるかな。そんな事を考える日曜の夜。 それにしても最近は日曜の夜が憂鬱で、もっと最悪なのが月曜の朝。たぶん原因は働き始めて1年経ったけど全く馴染めな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲しくて、悔しい

翁長知事が亡くなった。11月の知事選に出馬しないという報道が出た直後の訃報だったので、本当に驚いてしまった。あまりにも突然すぎる死。 私が今感じてる悔しさは、何なのだろう。わからないけど、もしかすると時間が経つ事で忘れてしまうかもしれない。忘れないために、こんな文章を書いている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丁寧に生きよう

東京での単身生活は、気楽といえば気楽な気もするけど、なんとなく落ち着かない。一人でアパートの部屋にいると、奥さんが愛想つかして出てっちゃった駄目な亭主みたいな気分になってくる。気がつくと、まあ頑張ったじゃないか。しょうがないよ。なんて独り言を言ったりしてる。まあ状況としてはそんなに変わらないのかもしれないけど。 考えすぎると前にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やめてくれ

イスラエル政府に抗議するパレスチナの人たちは、武器なんて持ってない。できるのは、石を投げる事ぐらいだ。そんなイスラエルの人たちを完全武装のイスラエル軍が攻撃する。戦争で使用される事を禁止された非人道的なクラスター爆弾を使っているらしい。酷すぎると思う。 そんなイスラエルに武器を売りつけて儲けようとしている国がある。日本という国だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスの中の日曜の午後

東京の仕事に戻った理由はいろいろあるけれど、何か忘れ物をしていたのを思い出したのかもしれないな。そんな風に思うのは、例えば日曜の午後に東京に戻る高速バスの中だったりする。忘れ物はたしかにあるはずなんだけど具体的に思い出せないな。そんな事を考えているうちに、いつのまにかバスは新宿の街を走っている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜の午後の憂鬱

週末毎に家に帰る生活を続けていると、日曜の午後に一人の部屋に帰る時というのは、独特の気分になる。何だろう。金曜の夕方の気分がひどく懐かしくなるような、柔らかな後悔。そして確実に訪れる、月曜の朝の孤独な憂鬱のことを思う。まあ何十年も繰り返してきた、日曜の午後の気分。でもそれは、少しずつ形を変えているような気もする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君とまた、あの場所へ

先週の月曜日に、新宿で開かれていた安田菜津紀さんの写真展「The Voice of Life」に行ってきた。小さな会場は居心地が良くて、受付にいるのは安田さん本人。一緒に受付にいたのはたぶんジャーナリストの佐藤慧さんで、お二人の雰囲気から察していたら、二人はご夫婦らしい。そんなアットホームな写真展。 私が安田さんを知ったのは、 j…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目が痒い

数年前からなんとなく花粉症のような症状は出ていたのだけど、今年の症状はちょっと酷くて、目が痒くてしょうがない。鼻がムズムズしていて粘膜が弱っているのだろうか。時々鼻から出血したりして、それでもムズムズしている。東京に戻ってきて鼻血が出てくるというのは、やっぱり被曝とかが関係あるのだろうか。 そんな事を考えていたら仕事関係の業者の人が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3年振りの春

東京の春は3年振りで、やっぱり何だか懐かしい。自転車に20分ほど乗れば以前住んでいた懐かしい街にも行ける。サイクリングには丁度良い距離。ママチャリだけど。 東京は桜が満開とテレビでは言っているけれど、埼玉寄りのウチの方はまだまだ。でも今住んでいるアパートの裏の桜の木は綺麗に咲いている。きっと陽当たりがいいんだろうな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逃れの街

今日の東京は一日中冷たい雨。春分の日には暖かい日というイメージもあるけれど、雨の多い時期でもあるので、こんな日もあるのだろうと思う。 お昼を食べに一度外に出たけれど、結構雨が激しいし思ったより寒いので、午後は家で本を読んでいた。 ここ数年で東京を離れたりまた戻ったり、生活環境がいろいろ変わったりしたせいなのかもしれないけど、最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れないこと

東日本大震災で、直接の被害は、たぶん受けていない。当時使っていた本棚が壊れた事と、生まれ育った町が気楽にいつでも帰れる町ではなくなってしまったぐらい。 それでもあの日から、私の中では何かが、決定的に変わってしまった。だからその感覚をずっと大事にしている。もともと器用に生きていけるタイプではなかったけれど、我ながら不器用な生き方をしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライフ・ゴーズ・オン

東京で単身生活を始めて半年。最近良く思い出すのは、一軒家を借りて家族3人で暮らした数年間の事。ちょうどその頃に東日本大震災もあって、まあとにかく貸家でもなんでもいいから家族揃って暮らせる家があるのは良かったなあと、風呂に入りながら考えたあの頃の事である。住んでいた家や街が、何だかとても懐かしい。 とはいえ人生は続いて行く。懐かしさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックンロールへ続く道

結局東京での仕事に戻る事になって、8月から新しい職場で働いている。ここ2年ぐらいでいろんな経験をしたけれど、正しかったのか間違っていたのか、貴重な経験だったのか無駄な遠回りだったのか、正直言ってまだよくわからない。 まあとにかく今年も12月22日になって、ジョー・ストラマーの歌を聴いている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more