アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
どんな人生にもロックンロールがある
ブログ紹介
いつも心にストラマキャスター
zoom RSS

いつか殴ってやる

2017/02/26 22:30
派遣労働者の日々は相変わらずなのだけど、今回は残業の多い職場なのだった。まあ収入が増えるのは良いとして、やっぱり疲れる。
加えて今回の職場は、かなり口うるさい人がいる。まあしょうがないんだろうな。こっちは半人前以下の51才のグリーンボーイ。口うるさく罵りたくなる気持ちもわからないでもない。
まあいいか。どうせ数ヶ月で契約が切れる仕事である。とは言いながら罵られるたびに、心の中で叫んでいるのである。

いつか、殴ってやる。

契約が切れる時を楽しみに待ってろよ。そんな事を思いながら、ストラングラーズを聴いている日々なのである。

Black & White
Caroline
2001-07-11
Stranglers

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Black & White の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

記事へトラックバック / コメント


今日も空は眩しすぎて

2017/02/18 23:45
誕生日が2月なので何年かに一回はこの時期に、運転免許の更新の時期が来る。東京の免許センターに比べると、地方のセンターの混み具合は段違いで、長い列に並んで待つ事になる。
待ってる間ヒマだったので、いろんな事を考えていた。思い出したのは最初の免許の更新の時の事。21歳の時のはずだから、丁度30年前の事になるけど、つい最近の事のような気もする。春を感じさせる雨が降っていた。

なんとなく今頃の、春を待っている時期の季節が好きだったりするのは2月生まれのせいかもしれない。30年前の今頃良く聴いていたのはARBの『ONE and ONLY DREAMs』。このアルバムは大好きで、今でも時々聴く。特にこの時期に。
白浜久のアレンジが冴え渡る「EASY TO LOVE」を聴きながら、春を待つ季節である。

ONE and ONLY DREAMs
ビクターエンタテインメント
1986-11-21
A.R.B.

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ONE and ONLY DREAMs の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

記事へトラックバック / コメント


春を待ちながら

2017/02/05 20:44
そういう訳で新たな職場で、派遣労働者の日々は続いている。相変わらず夜が明ける前に起きて朝食を食べて電車に乗って、氷点下の道を15分歩いて工場まで通っている。
派遣労働者の仕事を経験して、例えば時給千円で一万円を稼ぐのがどれだけ大変な事なのか身にしみて感じたりもしている。そしてそれがどんなに単調に見える仕事でも、そこに真剣に丁寧に取り組む気持ちがないと、時給通りの収入を得るのは難しい。あたりまえの事かもしれないけど、そんな事に気づく事ができたのは良かったなあと思っている。
今度の仕事の契約がいつまで続くのかわからないけど、とりあえず冬は越せそうな気がする。まあとにかく、春が待ち遠しい日々である。
記事へトラックバック / コメント


仕事納め

2016/12/28 23:17
今日で工場の派遣の仕事が終了。始まった頃はまだ夏の気配が残っていたのに今は真冬の厳しい寒さ。あっという間の三カ月だった。
初めての派遣勤務はいろいろと辛い事もあったけれど、最後の日に社員の人たちに笑顔でごくろうさまと言ってもらえると、もうこの場所に来れないのがなんだか寂しくなってくる。死にそうに寒かった朝の通勤も、なんだかもう懐かしい。

今日は通勤の時にいつも聴いていたブルース・スプリングスティーンでも聴きながらしみじみと、ワインでも開けようと思う。仕事納めとしては悪くない日である。
記事へトラックバック / コメント


ジョー・ストラマーのように

2016/12/23 14:57
50歳になるのを機に、住み慣れた東京を離れて全く知らない土地での全く新しい生活を始めた。真冬には朝の気温がマイナス17度になる。そんな場所だ。
どうしてこんな生活を始めたんだろう。歩いていると顔の感覚が無くなってくるような朝の歩道を歩いていると、時々そんな事を考える。
そういえば今日は12月22日だったなあ。そんな事を思い出していたらフッと気付いた。ジョー・ストラマーが死んだのも50歳だった。
もちろんいろんな理由があったのだけど、50歳という節目を(30歳や40歳の時に比べると)なんだか重要な節目に感じていたのは、ジョー・ストラマーが亡くなった年齢だったからかもしれない。
今度の誕生日がきたら、私はジョー・ストラマーより年上になってしまう。そんな事に突然気付いてしまったのだ。

迷いながら、後悔しながら、かっこ悪くてもいいから、それでも前を向いて生きていこうと思う。
ジョー・ストラマーのように。
記事へトラックバック / コメント


Atlantic City

2016/12/12 22:52
ブルース・スプリングスティーンの82年のアルバム『Nebraska』。
80年の『The River 』と84年の『Born In The U.S.A.』という彼の代表作の2作の間に、Eストリートバンドのサポートなしに、ギターとハーモニカの弾き語りで(私の当時の記憶が正しければ、TEACの8トラックで)録音されて、ひっそりと発売されたアルバムだった。
救いのない絶望と癒す事の出来ない悲しみ。おそろしく内省的でシンプルなこのアルバムからは、だからこそスプリングスティーンの歌の本質が感じられるような気がする。

このアルバムに収められた「Atlantic City」では、1976年にカジノ合法化を宣言した、ニュージャージー州アトランティック・シティの事を歌っている。歌われるのは救いのない絶望である。

日本でカジノ法案を推進しようとしている人たち。救いようのない馬鹿だと思う。どう考えてもまともじゃないよな。
そんな事を考えながらスプリングスティーンの歌を聴いていたのだ。

NEBRASKA
COLUM
2015-06-12
BRUCE SPRINGSTEEN

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NEBRASKA の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


記事へトラックバック / コメント


明るくなるまで眠りたい

2016/12/04 20:52
派遣の工場の仕事に通うのには、毎朝7時の電車に乗らなくてはいけない。だから起床は5時半。この季節、外は真っ暗。週に何度か氷点下の日もある。
時々工場で必死に働いている夢を見て目が覚める朝もある。正直あまり愉快な目覚めじゃないけれど、朝食を食べて顔を洗って出かける頃には明るくなっている。とにかく平日の一日はそんなふうに始まっている。
だから仕事が休みの日は、外が明るくなってから起きるのが、つまり外が明るくなるまで寝ていられるのが、なんだか嬉しい。ライフ・ゴーズ・オン。

東京で暮らしていた頃と比べると、休みの日でもいろいろやる事があって、あっという間に一日が終わってしまう。
休みの日ぐらい、あまり難しい事は考えたくないなあ。そんな風に思いながらデレク&ザ・ドミノスのレコードを聴いていた。

LAYLA & OTHER ASSORTED
UNIVE
2011-03-18
DEREK & THE DOMINOS

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by LAYLA & OTHER ASSORTED の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

サイドバー
ここまで、広告です。
本ブログとは、
一切関係ありません。



本文ここから

画像
希望のまちへ

mail

strumweb@gmail.com
どんな人生にもロックンロールがある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる